「陰陽記」平成21年6月記事より

人間は一生の中で一度は戦争を体験せざるをえない、
そんなことばを聞いたことがある。
人の愚かさを嘆いたことばだろうが、そうであれば、
私が生きている間にも戦争が起こってしまうことになる。
万一そんな事態になれば、今度はもう人類は滅亡してしまうのだろう。
広島や長崎の声は届かないまま?

新型インフルエンザが世界に蔓延して、
人類はウイルスの脅威を恐れている。
強毒化すれば多くの死者を生むということだから、
警戒して当然であろう。
だが、戦争の脅威もまたウイルスと同様に、
私たちのすぐそばにあることを忘れてはいけないと思う。
何事も非常事態になってからでは、
時すでに遅し、ということになろう。

____________________________

当時は「新型インフルエンザ」だったが
「コロナウイルス」と置き換えても通じる内容。
10年ほど前の文章であるが、今も健在のようだ。